厄除けする前に知っておきたい!のし袋の書き方からお札の処分方法まで解説

日常
ちさ
ちさ

あれ!?

私、今年(2020年)で32歳になるから大厄じゃん!!

     

って事で、なんか怖いので厄除けしてきました

      

「私も今年32歳になる!」って方は、参考までに とりあえず読んでみて下さい!

     

スポンサーリンク

厄除け(厄祓い)とは

災厄を避け、今後の人生を無事安泰に過ごすため祈願祈祷すること

神社・お寺で行うのが一般的です

特に決まりは無いので、好きな方に行けば良いです!

私は神社で厄除けしましたが、7人程まとめてのご祈祷で、約20分で終わりました

ちさ
ちさ

受付時間や予約制か など、場所によって違うので事前に調べておこう!

    

厄除けした方がいい年齢

数え年で女性は33歳男性は42歳が厄年の中でも最も災厄に見舞われると言われている大厄です

数え年とは 生まれた年を1歳とし、1月1日を迎えるごとに1年歳をとる数え方で実年齢+1歳となる

2020年の厄年は下の画像の通りです

2020年女性厄年一覧
2020年男性厄年一覧

※画像はSNSでの使用許可があるものです

画像の赤字は大厄です

    

できれば前厄・本厄・後厄どれも厄除けした方が良いです

私は気にしちゃうタイプですが、かと言って前厄・後厄まで厄除けするのは面倒だったので、本厄だけ厄除けする事にしました

ちさ
ちさ

今年まさに数え年33歳で、厄年の中でも1番気をつけるべき大厄だったので迷う事なく厄除けしました

      

自分の厄年を知りたい!って方は、下記サイトで簡単に自分の厄年が分かります

    

厄除けは、いつまでに やればいいの?

いつまで!とは決まってませんが、厄年は元旦から始まるので、年明け後の早いうちが良いです

節分までに行くのが一般的です

ちさ
ちさ

こだわりが無ければ、初詣がてらに近所の神社でやってもらうのが楽でおすすめ!

     

厄除けの金額(初穂料)

もちろん厄除けは無料ではありません

初穂料はつほりょうという神様に捧げるお金が必要です

神社・お寺の公式サイトに書いてある

大体は、神社やお寺の公式サイトに金額が書いてあるので調べましょう

下記のパターンが多いです

神社

  • 5,000円〜お気持ちで
  • 7,000円か12,000円

      

お寺 3,000円〜

私が行った神社は「5,000円〜お気持ちで」だったので5,000円にしました

※特に記載がなければ5,000円で大丈夫です

初穂料は熨斗袋に入れる

基本、初穂料は熨斗袋(のしぶくろ)に入れます

神社やお寺の公式サイトに「熨斗袋をご利用下さい」と親切に記載してある所もありますが、何も書いてない場合が多いです

ちさ
ちさ

よく分からなかったら、とりあえず熨斗袋に入れておけば間違いなし!

     

厄除けの熨斗袋の書き方と包み方

必要なもの
  • 水引き(紅白蝶結び)の熨斗袋
  • 筆ペン

外袋の書き方

熨斗袋には外袋と中袋があります

まずは外袋の表書きから

熨斗袋 表書き
  • 水引き(紅白蝶結び)の上に「初穂料」(お寺の場合は「御布施」)
  • 水引きの下に「祈祷を受ける人のフルネーム

を書きます

外袋はこれで終わり

中袋(表)の書き方

中袋の表に金額を大字(数字)で書きます

(正直、大字じゃなくても大丈夫です)

よく使う大字(数字)一覧
  • 一→壱
  • 二→弐
  • 三→参
  • 四・六・七・八・九→同じ
  • 五→伍
  • 十→拾
  • 千→阡
  • 万→萬
中袋 表書き

      

中袋(裏)の書き方

左側に、住所と祈祷を受ける人の名前を書きます

中袋 裏書き

最後にお金を包む

  1. お金を肖像画が表側になるように中袋に入れる
  2. 外袋を広げ、中袋を外袋と同じ向きにして包む

これで、あとは受付時に渡せばOKです

     

厄除けでもらう物

ご祈祷が終わると、お札や御守りなど貰います

何を貰うのかを、使い方と一緒にご紹介!

お札

家の下記条件に当てはまる場所に置きます

お札を置く場所
  • 家族が集まる部屋
  • 北向はダメ
  • なるべく高く目につく位置

お守り

鞄・お財布に入れたり、常に身につけるようにします

身に付けられない場合は、お札と同じ場所に置く

      

お菓子やお酒

これは、ありがたく食べれば良いです

私が行った神社では、お菓子を貰いました

お酒を貰い、飲めない場合は料理に使っても良いです

     

お箸

なるべく使った方がいいです

飾り用なのか、使う物なのか分からず調べました(笑)

処分する時は、神様のお箸なので塩で清めて白紙に包み捨てます

      

厄除けした年が終わったら

厄除けした翌年に、頂いたものをお返しします

返却するもの
  • お札
  • お守り

神社で貰った物は神社に、お寺で貰った物はお寺にお返しします

これを間違えると失礼にあたるので注意!

古札お納め所(古神符納所)」があるので そこに納めます

     

遠方で行けない場合

厄除けした神社・お寺が遠い場合は、近くの神社・お寺でも大丈夫です

どうしても行けない場合は、自宅で処分する事もできます

    

自宅で処分する方法

  1. 古いお札・お守りに、ひとつまみの塩を振り清める
  2. 白紙に包み、感謝の気持ちを伝えて捨てる

これでも大丈夫です!

    

本厄で厄除けしてきた【まとめ】

  • 初穂料の相場は5,000円
  • 初穂料は熨斗袋に入れて受付時に渡す

これで厄年でも安心ですね!

更に、良い運気を呼びこむ「八角盛塩セット」を置いておけば効果がありそう

厄に負けず、今年も元気に楽しく過ごしましょう!

     

タイトルとURLをコピーしました